集団塾はどうも…



学習塾には、黙っていても勉強が出来るようになる魔法の術はありません。


■ 
個別と集団塾との違いを理解しよう。

集団塾を大手と呼び、個別指導塾を個人塾と呼ぶ人がいますが、そもそもこれからしてある種の誤解を与える言い方(呼び方)だと思います。

学習塾の存在意義とは、本来そうしたものにあるのではなく、あくまで学習指導と、その結果として、どれだけ学力向上が実現したか、志望校に合格させられたかという点で考え、評価するべきものではないでしょうか。

集団塾と個別の違いは、その目的を果たすための方策と道順の違いであって、どちらを選ぶかというのは、その違いのどちらがより自分に合っているかという選択です。

■ 一度に集団を見るのか、個人を見るのか。

集団塾は、生徒の人数の別はあっても、学校の授業の縮小版のように、先生(講師)が一人で沢山の生徒を指導する形ですよね。

これには、次のような長所があります。

●他人との競争意識や、ある種の連帯意識の中で学習できる。
●比較的リーズナブルな価格で授業を受けられる。

逆に、デメリットとしては、次のようなものがあります。

●他人の目があるので、臆する子はしたい時に質問できにくい。
●全体のペースがあるので、先を急ぎたい場合にそれができない。
●また反対に、まだよく分からない単元でも、納得できるまでそれを学習することができない。
●カリキュラムが決まっていて、融通が利かない。

一方、個別指導塾の場合には上に書いた集団塾のデメリット部分をほぼ解決できるようなシステム設計になっており、生徒の皆さんは「痒いところに手が届く指導」を受けることが出来ます。

実際、当塾においでになる方で「集団塾はどうも…」と仰る方の多くは、こうした点の解決を個別指導塾にお求めになっているケースが多いのです。

ACSアカデミーでは、これに加えて、さらに様々な工夫をここに凝らして、これら個別の長所を2倍にも3倍にもする努力を不断に行っています。


尚、これもよくきく誤解の一つですが、集団塾は受験情報が豊富なのに対して、個別指導塾のそれは貧弱といった見方をされることがあります。

これなども、実は大きな誤りあって、ここでそれを詳しくご説明することが出来ないのが残念ですが、実際ACSアカデミーで受験勉強の日々を送っている生徒や保護者の皆さんには、どこでも有用で適切な受験情報をお知らせしており、また自らも豊富なデータを基に中身の濃い学習指導を行っております。




トップページへ