ACSアカデミー ACS academy   本文へジャンプ
ここでは、こんな風に

授業を進め

ます。




    
 




教科書準拠教材を使う理由

ACSアカデミーでは、受験に必要且つ最も効率的な教材を常に用いた授業を行っていますが、基本となるのは、概ねそのエリアの中学校や小学校の授業で実際に使っている教科書に準拠した教材であり、それらをレギュラーの授業で使用しています。

学習塾によっては、こういう形をとらず、全く独自の教材を使って授業をしているところもあるようですが、私たちは、こと平素の授業では、やはりこの「準拠」の使用が最も理に叶っているものと考えています。

というのも、私たちは、生徒達の学力を高め、テストの点数を上げ、志望校に合格してもらうまでの総ての過程で責任を果たすことを常に忘れないよう、あらゆる面で最良と思うことを実行しています。

そして、それらはいずれも「生徒たちがその力を試す実際の場」で形あるものとして実を結ばなければ意味がないと考えます。

であるなら、実際に学校で使っている教科書のコンテンツをそのままの形でマスターすることが最も効率的ですよね。すべてはこの教材から始まると言ってもよいと思います。

私たちが教室で使っている教材(ワーク)は、教科書の各単元の順序通りに編集されたものの上に

基本的事項の解説
レベル順に並べられた問題
まとめ&確認問題
確認テスト

を順序だてて並べた構成になっており、これに則って授業を進めていくことで、最も最短距離で学校の授業の先取り体験が出来るという仕組みになっています。








 





 

授業の曜日や時間帯
計算するということではありませんが、中学生の場合、学校の部活動をしっかりやり通すことは、それが正しく評価されて高校入試の時の内申でのポイントとなります。

また、小学生でも最近はクラブチームのサッカーに加わっている子が少なくありません。

私たちの教室では、こうした活動は勉強に負けず劣らずこの時期の彼らにとってとても大切なことだという考えを持っています。

ですから、塾での授業日程の組み方は、出来る限りこうしたスケジュールを考慮したものとなっています。



 




  
質問の仕方

「集団塾にいましたが、他の子の目を意識するとどうしても思うように先生に質問することができませんでした」

よくそういってこられる生徒さん・保護者さんがいます。

「こちらは個別指導の塾ですし、そんなことはないですよね?」

彼らはこうして念を押します。


●他の子の目を意識して質問できなかった。
●他の子が質問しているうちに自分の質問時間がなくなってしまった。
●質問時間そのものに制限があって、何でも訊くことができなかった。

私たちの教室では、このようなことはありません。

このような心配もいりません。

極端な話、「分からないから塾にきて勉強している」のですから、講師が一生懸命になって教えても、それでも尚分からないことがあるのなら、自ら積極的に質問してくるのは、当然の権利です。

それが例え同じ内容の質問でも、或いは本題からは少し外れているかもしれないと思う質問でも、まずはそれをしてみてください。

中には、初めのうちは教室の雰囲気に圧倒されてしまい、自分から切り出せないタイプの生徒もいるかもしれません。

でも、ここは個別指導の学習塾ですから、そういう時も、講師が目の前の生徒の目の動き、ペンの走らせ方などを注意深く観察しながら巧みに質問を引き出してそれに応えて、より広くより深く理解が進むように授業を進行致します。

       











   
宿題の出し方&進め方


ACSでは必ず宿題を出すことになっています。


限られた時間の中で学習効果を上げる為には、コツというものがあります。

塾の授業では、問題への取り組み方や、その解き方の解説と理解を図ることに比重を置いて、そこで得た知識や解法を身につける作業である演習の数々は、別途時間をかけて取り組む必要があります。

それを行う場が宿題であり、このように「解法理解」と「定着を図ること」を明確に分けて行うことが合理的です。


たまに、「部活で忙しいから」とか「テストまではまだ間があるから」などと言う生徒がいます。

また、「親が言ってもやろうとしないから」と言って、「だから宿題はなるべく少なくして」などと言われる保護者の方さえ、たまにいますが、それではなかなか効果が現れないと思います。

このあたりの考え方を是非とも理解して頂き
しっかり宿題に取り組んで頂ければ、確実に学力アップに結びつくと思います。